「12人の優しい日本人を読む会」

4月29日のことだったかと。
Twitterのタイムラインに、近藤芳正さんのこんなツイートが流れてきた。



 このたび、三谷幸喜氏の傑作会議コメディ『12人の優しい日本人』を、特別に許可を得てリモートで読み合わせ、それをYouTube Liveで生配信する会を開催することになりました。

出演は1992年東京サンシャインボーイズでの上演版のオリジナルキャストを中心に、吉田羊、Prayers Studioの妻鹿ありか、渡部朋彦を加えた豪華メンバーでお届けします。

演出は三谷幸喜フリークの若手演出家・アガリスクエンターテイメントの冨坂友。

「#StayHome」「#家ですごそう」な状況の5月6日、ぜひご自宅でお楽しみください!


マジかよ......!?

東京サンシャインボーイズのオリジナルキャストが集まったということがまず驚き。
このメンツの顔合わせが見られる機会なんて、そうそうないぞ。
それも無料生配信って。

そして屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントの冨坂さんが演出というのもまた胸の熱くなるポイント。

小劇場界隈の仲間たちがこのニュースにザワついていた。

アーカイブもしばらく残るということではあるけれど、これはオンタイムで観ねばでしょう、と画面の前に正座して待機。

まだご覧になっていない方は、まずは観ていただきたい。



東京サンシャインボーイズの舞台版は残念ながら観てはいないけれど、中原俊監督の映画版を大学生のころにはじめて観て、衝撃的な面白さにその後何度も観た。
緻密なストーリーの展開に唸らされ、12人の陪審員たちの個性にグッときたのですが、なかでも陪審員12号役を演じた加藤善博さんの、ちょっとキザで胡散臭いんだけど人間味あふれる人物像がとても好きだったのです。

20代なかばくらいのころに、友だちが働いている中目黒のバーに行ったとき、その加藤さんとたまたまカウンターの隣になったことがある。
もうずいぶん前の話なのでおぼろげな記憶ではあるが、友だちに紹介してもらい「陪審員12号の役がすごく好きなんです」と伝えたら喜んでくださり、まだ年端もいかない若造と気さくにお酒を酌み交わしてくださった。

その後しばらくして、自殺で亡くなったというニュースを読んだのは2007年のことだった。
まだ48歳だったという。

この読み合わせを観て、映画のシーンが頭のなかにたちのぼり、加藤さんの姿や台詞回しが浮かんだ。
自分の目指す・あこがれる演技スタイルのなかに加藤さんがいるんだな、ということをふと思った。
飄々としてとらえどころがないけど、ぶれない芯があって艶っぽい、みたいな。



しかし、つくづく贅沢な企画であったな。
相島一之さんの熱量や宮地雅子さんとのやりとり、西村まさ彦さんの渋さと軽やかさなどに痺れた。
オンタイムで15,000人もの人たちが観ていたとか。
YouTubeのチャットのスピード感など見ていたら、エンターテイメントの歴史に残る事件に立ち会った感がありました。
あれを観て「劇場に行ってみたい」という人が増えたのであれば、本当に素敵なことだと思う。

このコロナウィルスの影響下、舞台や映画が観られないフラストレーションに加え、エンターテイメント業界全体の危機的な状況と、それに声をあげる人たちに対する理不尽な風当たりの強さに心がクサクサする日々のなか、本当に胸が熱くなった。


演劇を、映画を楽しみたい/楽しませたいというきもちを、すり減らせてはならぬ。

サバイブしていこう。


Chapter One: STRANGER THINGS

このステイホームの日々のなか、遅ればせながらNETFLIXに加入しまして、という日記です。

ST01.jpgST02.jpgST03.jpg
家のテレビのリモコンに、直接つながるボタンがあったりするのにまだ契約しておりませんで。
Huluには入ってるのだけど、NETFLIXオリジナルコンテンツで気になるのがたくさんあるので、いよいよ入会してみました。


まず最初に観ようと思っていたのが、いろんな人からの評判を聞いてずっと気になっていた「ストレンジャー・シングス 未知の世界」

姿を消した少年、人目を忍び行われる数々の実験、破壊的な超常現象、突然現れた少女。すべての不可解な謎をつなぐのは、小さな町に隠された恐ろしい秘密。

これまでハマった海外ドラマで「ブレイキング・バッド」「ゲーム オブ スローンズ」などは、序盤はなかなか世界観に入り込めなかったけど途中からグイグイ引き込まれて、という感じだったのですが、このドラマは違ったね。
第1話からもう思いっきりわしづかみにされて、結局土日月の3日間でシーズン1〜3を一気に観ました。

これといってネタバレということもないのですけど、まだ未見であまり情報を入れたくないタイプの方は以下飛ばしてくださいませ。


↓↓↓


ものがたりは1983年、12歳の少年が失踪したところから始まります。

音楽・ファッションなど、1980年代のポップカルチャーがベースにあるのですが、随所に散りばめられているいろんな映画作品に対するオマージュというか、熱すぎる映画愛にいちいちくすぐられるんすよね。
いまパッと思い出すところだけで

「グーニーズ」
「E.T.」
「未知との遭遇」
「エイリアン」
「スタンド・バイ・ミー」
「シャイニング」
「マッドマックス」
「ゴーストバスターズ」
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「ターミネーター」
「ジュラシックパーク」
「ネバーエンディングストーリー」

......挙げたらきりがないというか、一度観ただけでは気づかないようなシーンや、自分の知らない映画ももちろんたくさんあるとは思うのですが、どれもこれも世代的にドンピシャで。
「あそこのシーンはあの映画のアレですよね」みたいな話で延々5時間くらい話せるワ。

こちらのサイトに、以下のようなリンクがあったので転載。

※ちなみに、どこをどう「オマージュっている」のか、もっとわかりやすく知りたい!という人向けには、こちらの「検証ビデオ」もおススメ。シーズン1の該当シーンとその元ネタを、隣同士に配置した「スーパーカット編集」で対比しているので、一目瞭然でわかる。ただし、若干のネタバレも含まれるので、最低でもシーズン1を観終わっていない人は、くれぐれもご注意を。

登場人物のひとりひとりのキャラクターもよかったなぁ。
メインのキャストたちはもちろんなんだけど、放送部顧問の先生とか、ゲームセンター店員の男の子とか、新聞社の記者とか、揃いも揃ってスゲエいい顔してるんですよ。
日本版でリメイクしたとき(してほしくないけど)は、ホッパー署長の部下のメガネ警察官役やりたいです。

シーズン4を心待ちにしてるんですけど、このコロナ騒動の影響で撮影が中断しているとのことで、どうなるのでしょう。
キッズたちももうどんどん大人になっちゃってるからなぁ。ウィルもマイクも、1→3ですげえ背がのびたよね。


ところで、こんなつぶやきをしたらTwitterとFacebookでいろんなオススメが集まりました。


みんな観てますなァ。
もう予告編とあらすじ見てるだけでずいぶん時間がつぶれます。
教えてもらったのを片っぱしからマイリストに追加していき、この外出自粛生活もしばらくは安泰だ。

 

シコふんじゃった。

自宅ですごす日々。

siko.jpg

NHK-BSプレミアムで「シコふんじゃった。」をやってたのでひさしぶりに観る。

はじめてみたのは高校生のころだったろうか。

いまあらためて思うのは、緻密な台詞と的確な演出のすごさ。
そのうえでのびのびと演じている(ように見える)キャスト。
すげえな。
ひと言ひと言に体重が乗ってて、不要なセリフがひとつもない。

モックン(敬意をもってこう呼びますね)の「麒麟が来る」斎藤道三役や先日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で見せた渋さと円熟味は、まさに今脂が乗ってると思うのだけど、この頃のピッチピチに輝いてる姿が本当眩しい。
えんじ色のTシャツとキャップ合わせるスタイル、真似したな。

対戦相手の相撲部員役で出演してる手塚とおるさんやみのすけさん・三宅弘城さん・戸田昌宏さんがまァ若い若い。

5人の相撲部員と周りの人たちの描きわけがとても心地よいバランス。まわしの色分けも戦隊ヒーローみたいですね。
世界観とキャラクターのイメージに「スラムダンク」を思いだす場面がしばしば。
秋平の友だち・アメフト部の「冷蔵庫」って、赤木の友だちの柔道部部長に似てるよね。

やー、面白かったな。
こうして昔観た名作を、この年齢になって見返すのはよいですね。


しかし、こうやってひさしぶりに日記書くとほんとに感覚が鈍ってるなと思いますね。
もともと文章を書くのが好きで、ネットで日記を書き始めたのもトレーニングのつもりだったのだけど、しばらく書いてないとすっかり歯車がさびついてなかなか動かないような感覚。
ここのところ140文字以内のことばばっかりだからなァ。

どこに需要があるかわからないし、単なる自己満足でしかないとは思うのですが。
また、書こう。


ラ・ラ・ランド

去年の夏ころだったろうか。
lalaland.jpg
映画好きの西荻スイッチのマスターにすすめられて予告動画を観たときから、ずっと楽しみにしてた『ラ・ラ・ランド』
ようやく観に行ってまいりました。新宿TOHOシネマズ、IMAXで。

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる......。

以下、若干のネタバレ含むので、まだ未見の方はご注意を。


ひと言で言うと、わたくし、大好きなヤツでした。

カラフルな衣裳で舞い踊る、冒頭のミュージカルシーンで心わしづかみ。ワックワクして仕方ねえ。
ビターな心の痛みや切なさを感じるストーリーの展開も含めて「映画って面白えなぁ」という、とってもシンプルなことを充分に味わわせてくれる作品でした。
とにかく、映画とジャズ対する、執念にも似た愛情がギュウギュウに詰まった128分に、気がつけば目からなんか零れてた。
そうなんだよ、映画にしろ演劇にしろ、俺ァ「執念」が観たいんだよ、ということをあらためて思う。
デイミアン・チャゼル監督の前作『セッション』もまた「執念」の映画で、圧がすごかったのですが。まだ32歳とは末恐ろしい。
それにしてもかっこよかったなぁ、ライアン・ゴズリング。
あれ、3ヶ月でピアノをマスターしたってのマジか。それもまた執念。


そういえば大学受験のとき、日本大学芸術学部の映画学科の小論文の試験で「わたしの好きな映画のなかのミュージカルシーン」というテーマで、『ウェストサイド物語』と『マルコムX』を取り上げて原稿用紙に思いのたけを書きなぐったことがあったなぁ、ということふと思いだす。

あと、はじめて映画館で観たのは、小学生のときに父に連れていってもらった『バック・トゥ・ザ・フューチャー』だったのですが、観終わったあとに父親にねだってスケートボードを買ってもらい、父は父で赤いダウンベストを買ってきてた。
もし今自分に子供がいたら、この『ラ・ラ・ランド』を映画館に連れて行きたいと思うし、帰り道にまんまと細身のジャケットとタップシューズが欲しくなったし、ピアノも弾きたくなったし、吹いたし口笛。

今度のお給料が出たらサウンドトラック買ってこよう。
そして立川シネマシティの爆音上映でもう一回観よう。

 

1  2  3