できるのか上演。そういう企画です。

BHL_0404_02.jpg
その名のとおり、今作の通し稽古をお客さまに観ていただこう、という試み。いわゆる「ワークインプログレス」というヤツですね。
そして、その通し稽古のあとのダメ出しと修正までも舞台上でやる、という。ブルドッキングヘッドロックの演出や稽古がどんなことになっているのか、を覗き見できるまたとない機会、というわけ。それも、1,200円というお手頃価格にワンドリンクまでついて。

と、お客さま目線だといい企画だなぁと思うのですが、出演者としてはなかなかハードな試みで。元々どの舞台でも、はじめての通し稽古というのは緊張してしまうものですが、果たしてどうなっちまうんだよというのが正直なきもちでした。
まぁ、実際かなりフワッフワした感じの通し稽古ではあったのですけど。

BHL_0404_01.jpg
終演後にちょっと一杯呑んで帰ろう、ということになり。男梅サワー呑みながら話してたのですが、本番まであと2週間弱くらいの時期に通し稽古をやって、お客さまの生の反応を手ごたえとして感じられるというのは非常にありがたいことだなぁ、と。
あ、ここで笑いが起きるんだ、とか。
こっち向いて芝居してるとお客さん観にくそうだな、とか。

今回の公演へのお誘いをいただいたとき「俳優としての喜安さんとご一緒できる」というのもひとつの大きな魅力であったのですが、やはりおもしろいな、喜安さん。数年前に三鷹で拝見した『おい、キミ失格!』のときのデタラメっぷりが強烈で。
今はまだ演出家モード全開なのですが、本番に入って俳優モードに切り替わるときが楽しみだな、と思う今日の通し稽古でした。

さて、明日もまたもう1ステージの公開通し稽古。
当日券もあるそうなので、もしご興味ある方はフラッとおいでませ。
12時から「その38/遮光婦人」。
15時から「その41/やさしい男」。
18時から「その25/雪ロード埋没」。


そして津留崎さんが教えてくれた「カレーの店ヨッチ」に行こうと思います。
ハムカツカレーに目玉焼きをトッピングしてやろうと思います。
 

スクラップ&ビルド


それにしてもまァ長いね、タイトル。

BHL_0318.jpg
今回"Extra Number"と銘打ってるのは、いつも劇団で脚本を手がける喜安さんが書き進めるのではなく、ブルドッキングヘッドロックの劇団員のみなさんが3つのチームに分かれて試行錯誤しながら創作し、その過程も特設ページ「現場」のなかでつまびらかにしようという試みのため。

わたくしが参加する、その41『やさしい男』では、劇団員の篠原トオルさん(a.k.a.バイシさん)が中心となってすすめているのですが、つい先日も30ページほど書き上げてきた脚本を、永井さん喜安さんとの脚本会議の末に思い切ってゴリッと解体し、そこからまた再構築しなおすという大ナタがふるわれました。
その解体宣告を受けたときのバイシさんの煩悶の表情を、動画で公開しておりまして。



生々しいこの表情よ......。
いやぁ、シビれますナ。マジで。

とはいえ殺伐とした空気になることなく、3チームのなかでいちばんおとなの座組は粛々と稽古を進め、そして時折稽古帰りに酒を酌み交わしたりしております。
自分と同じく、今回ゲストの動物電気の森戸さんは、おだやかな物腰でトリッキーなアクションをぶっ込んできたり、的確なアドバイスをくれたり。
かつて同じ事務所に所属していたのですが、ご一緒するのは今回はじめて。
おもしろいんだよゥ、森戸センパイ。

チケットの売れ行きもおかげさまでなかなかの好スタートらしく、千穐楽の3作品通しの特別公演はすでに完売してしまったとのこと。
その他のステージはこちらのチケット予約フォームからご予約いただけます(山崎扱い)。


他のチームはどんな感じで進んでいるのでしょうか。気になるところですね。
これからまた現場よりチョイチョイ報告いたしましょ。

 

41歳の春だから

気がつけば2ヶ月以上ぶりの日記の更新。
みなさま、ごぶさたしております。

この暮れから2月にかけて、なんだかいろいろドタバタと環境が変わりまして。


IMG_2367.jpg
まず、1月の末に10年くらい住み慣れた西荻窪を離れて、世田谷区に引っ越しました。西荻窪は美味しいお店もたくさんあったり、仲良しのご近所さんたちがいたり、居心地のよさにすっかりハマってなかなか離れがたかったのですが。
ここ最近生活の拠点が下北沢になりつつあったので、通いやすいところに引っ越すことに決断。皿の上警察の面々に手伝ってもらいながら、無事引っ越しは完了しました。内田くんが廃品回収の仕事をやっていたらしい、というので手伝ってもらったのだけど、その積み込みテクニックがなかなか素晴らしくて。予想よりはるかに早く作業が完了。泉くんがレンタカーの手配とドライバーを引き受けてくれたり、寺井くんがもう不要になった古いパソコンからHDDを取り出してくれたりと、それぞれが適材適所の活躍。
自分は部屋のなかで段ボールを振り分けたりするくらいで、業者に任せっきりのOLさん程度の仕事量。

写真は、長らく住んだ西荻窪のアパートを出るとき。酒房山にょでいろんな友だちが来てくれました。
駅から遠かったけれど、とても居心地のいい部屋だったな。収納たくさんあったし。ブサイクな野良ねこもよく玄関先にいたし。

新居はまだまだ段ボールも片付いてないのだけど、住みやすい部屋です。ようやくネット環境も整って、このホームページの更新もできるようになりました。(←言い訳)
落ちついたらまた酒房山にょも再開するので、遊びにいらしてくださいませ。



IMG_2433.jpg
2年ほどお手伝いしていたARENA下北沢は12月いっぱいで離れ、この2月のはじめからは中目黒にあるお魚の美味しい「おらい食堂」という定食屋さんのランチタイムで、ごはんを盛ったりお皿を洗ったりしています。肉厚アジフライが人気のお店で、まかないがこれまたたいへん美味しい。
昼のおらい食堂、夜のフライパンと美味しいものに包囲されてシアワセな日々。
しかし住み慣れない街から、行き慣れないバイト先まで自転車で行くのは、方向音痴にとっては相当な難易度ですね。最初の数日は道に迷って遅刻したり、マジ泣きしそうになりました。



IMG_2491.jpg
そして、本日2月27日をもちまして、わたくし41歳になりました。
バカボンのパパと同じ年齢ですか。
マジかー。

新潟の家族から、毎年恒例の祝いのお酒が届きました。
今年は雪中梅/八海山/越乃寒梅の三本セット。ありがとうございます。じっくり味わっていただきましょう。


IMG_2500.jpg
今度出演する舞台、ブルドッキングヘッドロック『コンストラクション ダイアグラム・オーバー ザ ディメンション〜108の、建設と解体を繰り返す未遂の構想について〜』の稽古場で、28日がお誕生日の制作あだちさんといっしょにお祝いしてもらっちゃいました。
よくよく考えてみたら稽古場で誕生日を迎えるのははじめてのことで。
いろんな稽古場で共演者のサプライズバースデー祝いなどは何度もしたことあるけれど、祝われる側はなんとも照れますね。
でもサプライズの前に、津留崎さんが「照明消しますね〜」と先に断ったり、ケーキを持ってくる岡山くんの唄う「♪ハッピバースデーイ」のキーが高めでみんな合わせにくかったりと、いろいろおもしろかったです。


20歳のときと30歳のときにインドに旅行に行ったので、40歳になる年はインドに行かなくちゃと思っていたけれど、残念ながらそれは実現かなわず。まあ、でもまたいずれ行くでしょうインドは。近いうちに。

「不惑」の40代に突入して、思えば20代や30代の頃に比べていろいろなことに対して動じなくなったり、とまどったりすることがたしかに減ったかもなぁと思ったりもするのですが、まぁホントまだまだっす。
道に迷って泣きそうになったりしてるし。


上京してきてはじめてのアルバイトの先輩で、今でもかわいがってくれる姉さんからいただいたメールがとても心に沁みたので、これからの指針にしようと思います。

今日誕生日だよね
おめでとうね
年上にも、年下にも、色っぽいと言われる男性になってください
色気は最強の武器、色気はなんか面白い

色気、出していこう。

そしてよい年齢にしたいと思います。
41歳の春だから。

 

夜中のラブレター

小屋入り2日目。

本日はテクニカルなリハーサル、いわゆる「場当たり」をじっくり当たる1日でした。
22人もいるとすごいね。ちょっとした休憩の合間のしょうもない話も波状攻撃でやってくるね。主に笑い疲れた1日でした。

そんな22人のキャストもずいぶんカラフルなのですが、同じ第三話に出演する共演者のみなさんについて紹介したいなというのをずっと思っていたので、帰り道に一杯ひっかけてゴキゲンになった夜中の気まぐれで書きなぐりますよ。
写真はすべて「犬とともに」というコンセプトのポートレートを、作・演出のハセガワアユム氏が撮ったもの。


MUのブログに掲載されていた配役紹介より引用。

○第三話『漫画の世界』
 ・登場人物(役名:俳優名で表記)
田崎ジン(36):山崎カズユキ ・・・ 漫画家。狂犬騒動に当てられ、ゾンビ漫画で一山当てようとしてる。
橘直人(36):大塚尚吾 ・・・ 元ボクサー、いまは自転車屋を経営。田崎と友人で仕事場を出入りしてる。
志村陽子(26):沈ゆうこ ・・・ 田崎のアシスタント。元ファンのガチオタ上がりなので田崎を崇拝。
西田翔平(34):植田祥平 ・・・ 漫画「ヤングガリレイ」編集者。
若槻(25):青山祥子 ・・・ 雑誌のライター。「え?この漫画がすごい?」を担当。
深谷(25):古屋敷悠 ・・・ カメラマン。



IMG_1593.jpg
■大塚尚吾さん
『少年は銃を抱く』でもご一緒したのだけど、同じシーンに出演することがなかったので今回ようやく念願かなってガッツリ共演。
溢れ出るフェロモンを隠さないでおなじみ。もうセクシャルが匂い立ってますよ。
その裏にチラ見えする、舞台に立つときの熱いリビドーがすさまじい。自分の持ってる武器の使い方を熟知しつつ、常に丁寧にメンテナンスしてる人。完全に狩りに来てます。


IMG_1598.jpg
初演を拝見したときにすごく印象に残っていたなかの1人。
コメディ集団のメンバーということもあるのか、日常のなかでいろんなことにつっこまずにいられない性質なんですかね。ちょいちょい休憩のあいまに雑なボケを投げては、それに対して返ってくるボキャブラリーの豊かさにいちいち感動しております。
「ガチオタ上がり」という役どころをたぐり寄せる説得力。
そしてなんだか、生々しいエロさがあるんすよね。時折垣間見せるあのメス感。あれ、なんだろう。


IMG_1594.jpg
■植田祥平さん
ゴム人形のようなフォルムに柔らかな物腰。
普段はとってもおだやかなんだけど、会話の端々から伝わるマニアックな視線や、演技のブレのなさから、実は今回の22人のなかでもいちばん尖ってるんじゃないかとにらんでいますよ。
女子楽屋での人気を集めてる、というウワサもなるほど納得の癒し系。でもたぶんまあまあ変態。


IMG_1595.jpg
■青山祥子さん
今回の第三話チームのなかで、初演からの続投組じゃないのは自分ともうひとり、青山さん。
なかなかむずかしい役どころかと思うのですが、たぐり寄せてる過程を見ているとちょっとお饅頭でもあげたくなりますね。
スッと舞台に立ったときの麗しさと、そこにあぐらをかかないはっちゃけ感のギャップがなんとも素敵。
線が細くて芯が太いかんじ。魚で例えるとサヨリ、てところですかね。


IMG_1596.jpg
■古屋敷悠さん
おなじ事務所、ECHOES日本人部の後輩でもあるのですが、彼もまたちゃんと共演するのははじめて。
演出家のことばを的確に理解し、いろんな距離感の人たちにわかりやすい形で伝えるというのは劇団員の大事な役目だと思うのですが、そのスキルがまずすばらしい。
芝居をするときの体重の乗せ方も含め、アユム氏と互いに全幅の信頼をおいてるというか。愛か。
とはいえ古ちゃんもなかなかの変態。どうやらいま20代後半らしいのですが、まったく信じられません。さすがに自分より年上とは思わないけど、あいつ34歳くらいだろ。



ふー。
軽いきもちでサラッと紹介するつもりでいたけど、ことばが溢れてきてしまいました。
これ、夜中のテンションで書いたけど明日になったら照れくさくなるやつだ。


しかし恐ろしいことに、ほかのチームのみんなもずいぶんアレなんですよね。
よくもまァこれだけの顔を揃えたもんだよ、とつくづく思います。

そんな22人が、ガチャガチャしそうなのに絶妙なバランスで奏でるうつくしい組曲。
ぜひ観に来ていただきたい。


 

1  2  3