「12人の優しい日本人を読む会」

4月29日のことだったかと。
Twitterのタイムラインに、近藤芳正さんのこんなツイートが流れてきた。



 このたび、三谷幸喜氏の傑作会議コメディ『12人の優しい日本人』を、特別に許可を得てリモートで読み合わせ、それをYouTube Liveで生配信する会を開催することになりました。

出演は1992年東京サンシャインボーイズでの上演版のオリジナルキャストを中心に、吉田羊、Prayers Studioの妻鹿ありか、渡部朋彦を加えた豪華メンバーでお届けします。

演出は三谷幸喜フリークの若手演出家・アガリスクエンターテイメントの冨坂友。

「#StayHome」「#家ですごそう」な状況の5月6日、ぜひご自宅でお楽しみください!


マジかよ......!?

東京サンシャインボーイズのオリジナルキャストが集まったということがまず驚き。
このメンツの顔合わせが見られる機会なんて、そうそうないぞ。
それも無料生配信って。

そして屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントの冨坂さんが演出というのもまた胸の熱くなるポイント。

小劇場界隈の仲間たちがこのニュースにザワついていた。

アーカイブもしばらく残るということではあるけれど、これはオンタイムで観ねばでしょう、と画面の前に正座して待機。

まだご覧になっていない方は、まずは観ていただきたい。



東京サンシャインボーイズの舞台版は残念ながら観てはいないけれど、中原俊監督の映画版を大学生のころにはじめて観て、衝撃的な面白さにその後何度も観た。
緻密なストーリーの展開に唸らされ、12人の陪審員たちの個性にグッときたのですが、なかでも陪審員12号役を演じた加藤善博さんの、ちょっとキザで胡散臭いんだけど人間味あふれる人物像がとても好きだったのです。

20代なかばくらいのころに、友だちが働いている中目黒のバーに行ったとき、その加藤さんとたまたまカウンターの隣になったことがある。
もうずいぶん前の話なのでおぼろげな記憶ではあるが、友だちに紹介してもらい「陪審員12号の役がすごく好きなんです」と伝えたら喜んでくださり、まだ年端もいかない若造と気さくにお酒を酌み交わしてくださった。

その後しばらくして、自殺で亡くなったというニュースを読んだのは2007年のことだった。
まだ48歳だったという。

この読み合わせを観て、映画のシーンが頭のなかにたちのぼり、加藤さんの姿や台詞回しが浮かんだ。
自分の目指す・あこがれる演技スタイルのなかに加藤さんがいるんだな、ということをふと思った。
飄々としてとらえどころがないけど、ぶれない芯があって艶っぽい、みたいな。



しかし、つくづく贅沢な企画であったな。
相島一之さんの熱量や宮地雅子さんとのやりとり、西村まさ彦さんの渋さと軽やかさなどに痺れた。
オンタイムで15,000人もの人たちが観ていたとか。
YouTubeのチャットのスピード感など見ていたら、エンターテイメントの歴史に残る事件に立ち会った感がありました。
あれを観て「劇場に行ってみたい」という人が増えたのであれば、本当に素敵なことだと思う。

このコロナウィルスの影響下、舞台や映画が観られないフラストレーションに加え、エンターテイメント業界全体の危機的な状況と、それに声をあげる人たちに対する理不尽な風当たりの強さに心がクサクサする日々のなか、本当に胸が熱くなった。


演劇を、映画を楽しみたい/楽しませたいというきもちを、すり減らせてはならぬ。

サバイブしていこう。


仗桐安という漢

仗桐安さん(a.k.a.たかたん)が、「2017年6月の事変」というタイトルでブログを先日更新した。
まずはこちらをご一読ください。


以下に、東京を離れる前に会えなかったことへのやるせ無さを込め、伝えそびれた想いをなぐり書くね。


IMG_3932.jpg
互いに舞台上で観たことあったけれど、はじめてちゃんと話をしたのは、作・演出を手がけるリーディング公演「ともだちのそうしき」渡辺詩子嬢出演回の、終演後の宴席にて。
酒の勢いもあって、そのときに「自分も朗読劇、やってみてえです」とたかたんに伝えると「じゃあ私相手役やるワ」と、同席していた安元遊香嬢が乗ってきてくれて、そこから先はトントン拍子で話が進み、その次のリーディング公演で実現することに。
これが2012年7月半ばなので、ちょうど5年前くらいか。

それ以来距離が近くなり、自分が2012年の暮れに長らく働いていた派遣の仕事を辞め、BUDOKANにバーテンダーとして入るようになったのも、たかたんとのつながりのおかげで。
呑もうぜグループの同僚という感じで、同じ日に別の店舗に一緒に入ったりすることもしばしば。
先に店を閉めたほうが一杯寄って、その日のできごとなどを話しながらクールダウンしてから帰ったり。


BUDOKANで働くようになって出会った人たち、たかたん主催のイベントなどで出会った友だちとのつながりが、いまの自分の関わりのなかでとても大きな存在を占めているので、気づけばここ数年のターニングポイントにはたかたんが近くにいたのだな、とあらためて思う。

IMG_3326.JPG
また、美味しいものと温泉と映画が好きという趣味の近さと、オモシロに対してのアンテナの感度とフットワークの軽さで、一緒に映画観たりカラオケに行ったり、よく遊びに誘ってもらいました。
なかでも「ともだちのそうしき」打ち上げで朝まで呑んだあと、ほとんど寝ずに行った日帰り熱海ツアーと、一昨年の夏に男3人で行った二泊三日の台湾旅行は、ここ10年間の楽しかったイベントランキングのベスト5に間違いなく入る。

年齢がひとつ上で大学も一緒ということもあり、いろいろ話しやすい先輩なのですが、俳優としても、ポツドールやブラジル・風琴工房・ブス会*など、自分が好きな舞台できっちりと印象に残る仕事をしていたり、ひとり芝居に挑戦したり、ドラマや映画・そして声優としても着々とキャリアを重ねてる姿に、自分の目指しているちょっと先を、全力で汗かきながら走ってるなァと常々思っていた。


IMG_3327.JPG
最初にたかたんが倒れたという報せを聞いたのは、BUDOKANの連絡網を通じて。
最初は皆どんな状況なのかわからず、ただただ無事を祈るばかりだった。
きっと本人も騒ぎにはしたくないだろうと思ったので、常連さんたちに「最近たかたん、何かあったの?」と訊かれても「どうしたんでしょうねえ」とフンワリさせていたけれど、本当にいろんな人に訊かれて、あらためて人望の厚さを思った。

今は鳥取に戻って、リハビリに励みながら前向きに病と向かい合ってる様子がFacebookなどから伝わってくる。
無事でなによりだ、というのが一番ではあるけれど、ここまで積み重ねてきた東京での暮らしを一旦手放し療養に入るというのは、なかなか苦しい選択だったろう、とも思う。

けれど、たかたんと会ったことのある我々はみな信じる。
いずれまたスケールアップした熱量で、表現者としてシレッと復帰してくる日を。
それが東京なのか鳥取なのか、まったく別の場所になるのか。
いずれにしろ、そのときまでにこちらも負けずに成長しなくちゃならねえ。
ボヤボヤしてるとすぐ復帰しそうだからな。
「ちょっと、戻ってくるの早くねぇ?」て言いかねない。

そして自分もまた、酒とタバコと不規則な睡眠という生活を見直そう、ということを教えられた。
BUDOKANオーナーのヒデさんと「俺らも健康診断とか、行こうな」と話した。


また落ち着いたら寺井ちゃん誘って温泉でも行こうよ。
カラオケ行って「2億4千万のものまねメドレー選手権」ごっこやろうよ。
おれ、いつもの設楽さん役やるから。

♪見つめ合う視線のレーザービームで \桑田佳祐~/
♪夜空に描く色とりどりの恋模様 \岡村靖幸~/
♪この星の片隅2億の瞳が \長渕剛~/
♪素敵な事件を探してるのさ \テレンス・リ~/


 

 

春だよ捜査会議会議

皿の上警察、次回の捜査会議が来週に迫ってきたので、ひさしぶりにメンバーが全員集合。

「『皿の上警察』ってなんなの?」と訊かれますが、ざっくり言うと料理好きの役者が集まって、料理をふるまうユニットですかね。
キッチンつきのパーティールーム的なスペースにお客さんを集めておもてなしをする宴を「捜査会議」と呼んでおりまして。
12月に開催した前回の会議では「ゆく皿くる皿2016」ということで、忘年会も兼ねておでんや鍋などをふるまいました。

IMG_2509.jpg
過去5回の会議を踏まえ、まずは「どういうコンセプトの会にするか」ということを、下北沢の居酒屋にて話し合う。

今回はゲスト料理人として、風琴工房の詩森ろばさんをお迎えすることに。
ろばさんの作る骨太なエンターテイメントの舞台ももちろん大好きなのですが、皿の上警察を立ち上げる前にもいっしょに料理イベントを開催したり、料理の腕前もリスペクトしてやまない私。
「いずれ皿の上警察にもゲストで是非......!」とラブコールを送り続けていたところ、昨年暮れに寺井くんも出演していた風琴工房の舞台『4センチメートル』を観に行ったあとにお話したら「3月だったらわりと時間あるかも」とのことだったので、早速会場を抑えてオファーさせていただきました。


3月はじめということで、みんなでブレインストーミングして出てきたキーワードが「花見」「行楽」「春の宴」。
そして「『桜前線包囲網』てのはどうですかね」という切り口から、ポンポンポンッと展開していきました。
旬の食材もふんだんに取り込んだ、ひと足早めのお花見メニューをふるまうとともに、「お客さんにも花柄のものや桜色っぽいアイテムをドレスコードで着用してもらって、みんなで集まったら春の空気が会場を包んだら素敵なんじゃないか」と。

そして0時スタートの第2部は、「ちょっと艶っぽさを漂わせて」ということに。
そこそこお酒も回ってきて、話はどんどん下ネタ方向に脱線していったりもしたのですが、最終的に「『刑事たちの深夜食堂〜夜のデイトは危険すぎるからなんて〜』てサブタイトルつけますか」と、ノリと勢いで決まりました。


途中で出てきたお店の名物の炙り〆サバ。
店員さんが豪快にバーナーで炙り「火を消したらすぐにレモンをジュッとしぼってください!」とレモンを渡され、内田刑事が絶妙なタイミングでしぼったら「ナイスレモン!」の合いの手。
こういうお客さんを巻き込んだパフォーマンスもおもしろいね、なんてことを話したり。

今度はどんな捜査会議になりますやら。
大変楽しみであります。

ナニ作ろうかなぁ。

 

今夜のおつまみ

昨日、ひさしぶりに日記を更新したら、お友だちのカワイ子ちゃんから「やまにょさんのブログ、前々から好きなので、またお邪魔させてもらいます♪」「更新待っています。笑」とのメッセージをいただいて大変うれしい。
調子に乗ってまたすぐ更新しようと心に決めたのでした。ええ、わかりやすい男ですよ。


また、「山にょさんのおつまみを、家でひそかに真似させていただいてます」ということばもチラホラいただいていまして。こちらも大変励みになるなぁ、と。
今日のBUDOKANで出したつまみ、何度か作ってるけどだんだん完成度が上がってきたのでここにまとめてみます。

IMG_2506.jpg
[タンドリー風サラダチキン]
1 鶏むね肉にフォークでぷすぷすと穴をあけ、塩(小さじ1.5)、砂糖(小さじ1)、コショウ(適量)、カレー粉(大さじ1)、クミンシード(小さじ1)をまぶし、ヨーグルト(100g/水切りしたものだとなお良し)といっしょにジップロックに入れてもみこみ、30分ほど寝かす。
2 大きめの鍋でお湯を沸かし、沸騰したら1の鶏肉をジップロックのまま放り込み、火をとめて蓋をして、湯が冷めるまで放置。
3 お湯が冷めたら包丁で切ってみて、中までしっとり火が通っていたら切り分けて、ジップロックに残ったスパイス&ヨーグルトと肉汁もいっしょに肉にかけます。
※1で鶏肉にもみこむスパイスは、ガラムマサラ・カイエンペッパー・カルダモンなどをお好みで混ぜると味わい深くなります。
※火が通っていない場合は30秒〜1分ほど電子レンジで。
※できたてよりも、冷蔵庫でしばらく寝かせたほうが味がなじみます。

(つけあわせ)
1 キャベツ(1/4玉)を千切りにして、水にさらしてパリッとさせる。ざるにあげて水気をよく切ったら塩こしょう(適量)と酢(大さじ1)と混ぜる。
2 フライパンにサラダ油(大さじ2)とクミンシード(大さじ1)を入れて弱火で熱し、香りが出てきたら千切りキャベツにジャッと回しかけ、よく混ぜる。
3 お好みで塩コショウ、レモン果汁で味を整えたらできあがり。
※1の千切りキャベツは、お好みでセロリやパクチー、玉ねぎなどを混ぜても美味しいです。


いつも適当にしか作ってないので、レシピに起こすのって難しいなぁ。
付け合わせのクミンキャベツは、ARENA下北沢で働いていたときにカレーまんに教えてもらったもの。さわやかスパイシーで、カレーに大変よく合うんス。

たいへん美味しくできた今日のつまみ。残った分はホットサンドにしようと思っていたけど、うっかりお店に置き忘れてきたので取りにいってきます。


27日の東京DOMEに続いての呑もうぜ2デイズだったのですが、「昨日の誕生日お祝いに行けなかったので......」と、常連さんがお酒をごちそうしてくれて大変うれしい。
「一杯ごちそうしたかったけど、もう過ぎちゃったしな......」とためらっている方、ノープロブレムです。今度の3日の金曜日にもBUDOKANに入りますので。いつでもウェルカムでありますよ。

 

1  2  3