演劇が、好きだ。

IMG_5387.JPG
きもちの鮮度が落ちないうちに。

IMG_5486.JPG
さよなら宇田川町『ライラック』おかげさまで大盛況のなか無事に終幕。

IMG_5488.JPGIMG_5457.JPG
千穐楽のステージが終わったあとの打ち上げは、この3月いっぱいをもって閉店するという、スタジオすぐ近くの和民で朝まで呑みました。
まさに「さよなら宇田川町」の打ち上げにもってこいの店。

そして衣装や差し入れなどがギッチギチに詰まったバックパック背負って6時ころの電車で帰ったんだけど、最寄りの駅を寝すごしては戻り、また寝すごして......と繰り返し、家に帰ってきたのが8時半すぎ。
「千穐楽明けによくやるヤツだ、懐かしいな」とセンチなことも思ったりしたけど、考えたらBUDOKANの夜勤明けにもちょいちょいやってる。

さて。

IMG_5490.JPG
今回の役どころは、『ホンマでっか!?TV』などのメディアにもタレント気取りで露出しちゃったりする、胡散臭くてキザな精神科医・広瀬慎次でした。
「特定の記憶だけを消す」という、一種の催眠療法のような独自の治療法が話題になって著書もヒットしたけど、実は一回も成功したことがなかったことがバレてバッシングを受け、転落していくという。
面白い人物だったなあ。
スケベ医師。

hirose.JPG
台本に書かれてない裏の設定みたいなのをふくらませる作業が楽しかったし、るい乃ちゃん演じる患者・浜崎に、著書にサインを求められる場面の小道具として、あんどうくん役の安藤理樹くんに相談したら、最高のブックデザインをしてくれた。
ISBNが公演期間の日付になってるという細かい仕掛けまで。お客さんには伝わらないこういう遊びごころ、スゲエ大好き。
これ、ジュンク堂に平積みされてるワ。そしてのちにブックオフの100円コーナーにあふれるワ。

4つの部屋が舞台の9人の登場人物は、いずれも魅力的だけどなかなか一筋縄ではいかないキャラクターばかりで。
それぞれ苦労したりもしていたけれど、ねばり強く緻密に会話を織り上げていく稽古と、お客さんの反応を受けて変質しつつ熟成していく本番が、実にしびれました。
まあ、ずっと笑ってた日々。

そもそも劇場空間ではない事務所のスタジオを使っての舞台ということもあって、なかなか大変なこともありました。
下のフロアのダンススタジオから伝わってくる騒音と戦いながらの本番だったり。
舞台に立つようになって20年以上になるのだけど、今回はじめて暗転板付きでミスった。そりゃまあ凹みもしましたが、それだけ完璧な暗転空間を作った舞台監督の高木さん・粂川さんの手腕を讃えるべきだと思うんス。

あと冒頭の場面は演出の都合上、開演時間に間に合わなかったお客さまの入場をお断りしていたのですが。
制作の塩田さんが入り口でお待ちいただいてるお客さまに「いま、外村さん演じる果穂が〜」と、チラシの写真を見せながら状況を説明してくれていた、と打ち上げの席で聞いて感激した。素敵すぎるぜ。

連日のアフターイベントには錚々たる顔ぶれのゲストの方たちに来ていただき、それぞれの読みとったものがたりを語っていただけたのが大変面白かったです。
「そこそこ!  よくぞお気づきで!!」という細かい仕掛けを拾ってくださったり。ビール片手に30分、ガッツリと。
そもそもどう転ぶのかわからないような企画に、お忙しいなか時間を調整してご参加いただいて、本当に感謝してもしきれない。
このご恩は必ずや、撮影や舞台の現場でお返しできたらと切に願います。


IMG_5381.JPGIMG_5382.JPG
皿の上警察でもいっしょにイベントをやっている泉くんに「山ちゃんの劇スイッチ入ったところをはじめて見た」と言われた。
たしかに、今回いつも以上に入ってたかも。
劇スイッチ。
引き出しの中身全部ひっくり返して、使えるものは全部使った。
たぶん後にも先にもここまで体重乗っけた公演はないかもしれない、てくらい。
しびれました。

開演前の楽屋で円陣組んで、「演劇が、好きだー!」とダサいコールをしてたんですよね。毎ステージ。
MU『狂犬百景』のときにちょっと流行ったのを思い出して、はじめは冗談のつもりでやってたんですけど。だんだん慣れてくるもんで、最初の照れくささみたいなのがだんだん麻痺してきた。こわいね。
でもやっぱりいま思うんすわ。

演劇が、好きだ。


ご来場いただいた皆さま。
舞台を支えてくださったスタッフの皆さま。
アフターイベントのゲストに来てくださった古澤さん・木村さん・喜安さん・瀧川さん・中野さん・筧さん。
我々のわがままに応えて、いろんな角度からバックアップしてくれたECHOESの鈴木社長、信國マネージャー。
『ライラック』というこの作品を紡いで、導いてくれた河西くん。
頼もしく愛おしい共演者のりっくん・トムちゃん・郁ちゃん・きむらくん・るいのちゃん・ひかりちゃん。
そしてプロデューサーとして企画を立ち上げ、ひっぱってくれた泉ちゃん・竹ちゃん。

おかげさまで、忘れ得ぬ作品になりました。
ありがとうございました。


またいつか、あの物語のなかで会える日を心待ちにしています。



宇田川町スタジオだより

話は2017年の10月10日にさかのぼります。

IMG_4893.JPGIMG_5276.JPGIMG_5334_2.JPG
下北沢のバーBUDOKANで働いてるときに、泉くんと竹内くんが呑みに来て。
「このツーショットめずらしくない?」と話を聞くと「今度いっしょに組んで舞台やろうと思うんです」と。

なにそれ、面白そうじゃん。

皿の上警察のイベントなどで泉くんと会うと、ときどき「泉竹内の企画、その後どうなった?」と進捗を聞いては、おれも出たいなアピールをくり返した。
当初、泉と竹内以外はみんなECHOES以外の人たちに声をかける案で動いていたらしいのだけど、年末くらいに「ECHOESの仲間たちで固める」という方向になったとき、泉くんから「山ちゃん、やる?」と訊かれ「やる」と即答したよね。食いぎみで。

そこから、泉と竹内が意見の食い違いで殴りあいのケンカになった事務所の新年会や、安定と信頼の保坂カメラマンにお願いした宣伝写真の撮影、「明日の山ちゃん誕生日だけどさ、サプライズどんなのがいい?」と泉に訊かれるという新しいタイプのサプライズバースデー、ようやく全員集合しての決起集会焼肉などを経て、気がつけば本日が最終稽古。

大詰めています。

河西くんはいつもそれぞれの役者にフィットしたキャラクターを当て書きするそうで。自分はいけすかないキザな精神科医の役なのですが、はじめての本読みのときに「やあ、いいですね山崎さん。いるいるこういうヤツ、すげー嫌い」とお褒めの言葉をいただきました。当て書き......?

公演をやる事務所のスタジオは、広くて面白い空間なのだけど、9人のキャスト+50人のお客さんというのははじめての試みになるので、かなり手さぐりで進めている。
そして自分たちで企画・運営しているため、この歳になってひさしぶりにチラシの折り込みに行き、足りない小道具を探してハンズとドンキの往復し、仕込みのお手伝いしてくれる人手を確保し、当日パンフレットに載せるテキストをまとめるなど、20-30代のころベターポーヅという劇団に所属してたときこんな感じだったなと思いだし、なつかしさを噛みしめると同時に、培ってきたこの20年ちょっとの経験を総動員してる感がある。使える道具、ぜんぶ使うよ。
今回座組の最年長ということもあり、リードできるところはグッとひっぱっていこうと思ったりしてるのだけど、結果的に空回りしてポンコツな感じになっては、最年少22歳の中村くんにドンマイされたりする日々。
「山にょさんすごいですね、稽古場でいちばん笑われてますよ」
と、るい乃ちゃんの悪意のないことばが染み入るぜ。

ああ、なんだか今。
すごく楽しいんですよ。

演劇、なあ。

とはいえ作品の完成度はまだまだなので、今日最後の稽古でどこまで詰められるか。
シビれるぜェ。


おかげさまでチケットの売れ行きも好調で、前半と土日祝のマチネはずいぶん残り少なくなってきました。
そして古澤健さん(20日)・木村☺︎ひさしさん(21日夜)・喜安浩平さん(22日)・筧昌也さん&瀧川英次/赤ペン瀧川さん(23日)・中野量太さん(24日)と、なんとも贅沢なゲスト陣をお招きしてのアフターイベントもございます。
ぜひ、観にいらしていただきたいのです。

ご連絡いただければチケットご用意いたしますゆえ。

こちらの予約フォームもご活用ください。

では、稽古に行ってきます。


煮込み前線2018

泉光典・内田龍・山崎カズユキの3人の刑事と寺井義貴鑑識が、思うさま料理をふるまい酒を呑むという、
おもてなしユニット「皿の上警察」。

このたび、第9回目となる宴「捜査会議」が開催されました。
もう、9回目になるのか。

今回のテーマは「煮込み」。
諸々の事情で、今回は現場であまり仕込みの時間が取れなかったので、前日の金曜日から家でコトコト仕込んで会場入り。


IMG_4872.JPG
ではさっそく、「捜査資料」という名の今回のお品書き。
IMG_4875.JPG

[山崎刑事]
・長芋わさび塩麹和え
・鮭とゆで卵のポテトサラダ~カリカリ油揚げを添えて~
・TERIYAKIチキン
・ソフィーのパン
・豚肉と高菜のうまうま炒め
・山崎流フェイジョアーダ feat.マホラ食堂
・(深夜の部限定)りんごのハニージンジャー白ワイン煮

[内田刑事]
・牛スネ肉の赤ワイン煮込み
・レンコンと白菜のレモンドレッシングサラダ
・あん肝ポン酢ジュレの大根カナッペ
・イワシのコンフィ入りコロッケ
・スペインバル風チーズケーキ

[泉刑事]
・ヤムウンセン
・フレッシュトマトと大根の洋風おでん
・塩豚ステーキ ブッタネスカソース
・シャキシャキピーマンの挽肉のせ スパイスの香り
・うま泉寿司
・渡り蟹のスペシャルブイヤベース
・(深夜の部限定)ブイヤベースリゾット

[寺井鑑識官]
・寺井の焼きもち
・(深夜の部限定)京王駅弁大会と同時開催の美味いもの大会で入手した ハタハタとのどぐろの一夜干しを 炙ってお召し上がりいただきます


山崎のメインメニューは、ブラジルの豆と肉を煮込んだ料理「フェイジョアーダ」を作りました。
牛すじ肉と玉ねぎ、数種類の豆をひたすらコトコト煮込み、後からソーセージとベーコンを足すのですが、内田刑事がこの春オープン予定のお店「マホラ食堂」の、自慢の燻製マシンで作ったソーセージとベーコンを使って。
シンプルな味付けなんだけど、うま味の濃厚な煮込みができました。ソフィーのパンにあう、あう。

IMG_4888.JPG
毎回恒例となりつつある、泉が解体して内田がおろし、お手伝いの婦人警官たちがお寿司にするさまを山崎がニヤニヤ見守る「うま泉寿司」のコーナー。
今回は立派なヒラマサをお寿司にしました。
あと、会場ちかくの八百屋でアボカドがとても安かったので、アボカドツナマヨを作って軍艦巻きに。
あのコーナー、すごく楽しい。


IMG_4885.JPG
今回ひとつの目玉として、緑川巡査の大学時代の後輩のご実家で、屋久島で酒屋を営んでいる「荒木商店」さまから、お酒を差し入れでいただきまして。
焼酎の「三岳」をはじめ、レアな焼酎6種類に屋久島サングリア・たんかん酒・ウイスキーなど、計10本。
なかなか手に入らない三岳の原酒がたいへん美味しかった。
届いた宅急便を荷ほどきしながら、「もし残ったら持って帰ろう」と思って箱をつぶさずにいたのだけど、第1部の早い時間にきれいさっぱりなくなってしまった。
こちらの創業80年の荒木商店さん。
お土産を扱ったり民宿もやっているとのことなので、屋久島に遊びに行かれたときにはぜひお立ち寄りください。
行ってみたいな屋久島。


IMG_4887.JPG
また、ほぼ毎回出席してくださるお客さまで、皿の上警察一同仲良くさせていただいている今野さんが、「今度は作り手で参加したい」とおっしゃってくれていたのですが、今回いよいよ満を持してのキッチン入り。
無水鍋でじっくり作った豚バラ肉の煮込みと、酒飲みの胃袋に沁みる鶏のスープを作ってくださいました。
そして深夜の部では、ごはんの上に高級コンビーフを載せて卵黄を落とし、燻製しょうゆをタラリとかけた、なんとも罪深いコンビーフ丼を数量限定で。
これがマジで美味かったですよ。

IMG_4890.JPG
お客さんが帰って後片づけをしたとき、未開封のコンビーフがひとつ置き土産で冷蔵庫から出てきまして。
これを誰が持って帰るのかということでいい大人たちが大モメに。
結果的に、買い出しや洗い物などいろいろ働いてくれた緑川巡査がじゃんけんで勝って持ち帰ることに。
まぁ、いい結果だったんじゃない? と思いつつも、
「そういや緑川、ごはんのお供選手権のときも、じゃんけんでウニひしお持って帰ったよな」
「おいふざけんな緑川」
「テメエおぼえとけよ」
「いっそ荒木さんにプレゼントしろコノヤロウ」
と、大変大人げない一幕が。


今回は「新年会きぶんでお集まりください」というのもあってか、過去最大人数の痺れる宴となりました。
しかし。
受付まわりをにこやかにきびきび仕切る緒方婦警、
洗い物と盛り付けなど、陰ながらいちばん仕事をしているであろう裏のボス、西村婦警、
最年少ながらフットワーク軽く、空気を読みつつ働く藤尾巡査。
このお手伝いチーム3人が直前になって病欠するという事態で、かなりの戦力ダウンが懸念されたのですが。
「全員野球で乗り切ろう」と、まるで野球を知らない山崎が言うもんだから微妙な空気になりつつも、みんな一丸となって楽しく乗り切りました。

料理作ってぱつんぱつんになりながら、「なんか、俺たちいいユニットだよなァ」とつぶやいちゃったよ。


次回の捜査会議は4月あたりを予定しております。
みなさま、またぜひお待ちしています。

そして、我々皿の上警察と娯楽百貨さんがコラボレートして「あの噺のアレが食べてみたい!」という、落語×食事の宴『噺ごはん』という企画が進行中です。
第1弾は3月の末ころに。
またご案内させていただきますが、こちらもぜひどうぞよろしく。
大変たのしみですよ。


では、また。
ありがとうございました。

 

暮れの元気なごあいさつ2017

なんだか年末感が今年は全然ないな、と思っていたけれども。
気がついたらもう大晦日ですよ。マジだぜ。

IMG_4731.JPGIMG_4730.JPG
下北沢の洋食酒場が今年の仕事おさめで。
ひとしきり働き、軽く掃除をしたあとにもつ鍋と皿うどんのおいしいラーメン屋さんに連れていってもらって、赤兎馬ソーダ割ですっかりいい気分になりまして。
クタクタになったキャベツを堪能するもつ鍋の旨さよ。
「いろんな高級店も行ったけど、ここの塩もつ鍋がいちばんうまい」と、全幅の信頼をおいてるシェフとオーナーが言うんだもの。
忘年会とはいえ、今年一年を振り返ってしみじみするでもなく、「激辛の臨界点はどこか」「なんかママさん今日ごきげん斜めっぽいけどどう攻略するか」「『ダイ・ハード』のなにがおもしろいか」という話で終始した年忘れ。


オーディションなどに行ったとき「カメラに向かって簡単な自己紹介をおねがいします」と言われるのですが。
名前・年齢と所属事務所を言ったあと
「ここ最近では、漫画家・プロデューサー・裁判長・テロリスト・カメラマン・刑事など、カラフルな感じで演じさせていただいてます」
と今年は言ってました。
自分で言っておいて何だなと思いますが、ずいぶんちらかってるな。

年のはじめの初詣は、同じ事務所の泉くん・石本さん・緒方さんといっしょに、京都にある車折神社という芸事を祀った神社に行き、「いろいろうまいこといきますように......」とフワッとした感じで祈念してきたのですが、ご利益あったんじゃないでしょうか。
来年もまた行ってきましょう。

うまくいったこともあれば、そうでないことももちろん。
楽しいこともあれば、楽しくないこともいろいろあった年でありました。
「禍福は糾える縄の如し」の言葉よろしく、いいことのあとに来た悲しいできごとのパンチにやられもした。
はじめてのギックリ腰にもなったなぁ。もうすっかりおさまったけど。


まぁ。
とりあえず健康でおだやかな心もちのなか、こうして年を越すことができることに感謝いたします。
みなさま、大変お世話になりました。

年明けには雪が降る町に帰省いたします。

世の中はいろいろあるから。
どうか元気で、お気をつけて。

  

1  2  3