あたらしい写真

先日、宣材写真を新たに撮ってもらいました。

IMG_3160.JPGIMG_3165.JPGIMG_3164.JPGIMG_3155.JPGIMG_3154.JPG
プロフィール用の書類に添付する、宣伝材料の写真ですね。
前に事務所で撮ってもらったのがもう1年くらい前で、そろそろ撮りなおしたいな、と思っていたところ。
一昨年の夏に「ごはん部」の舞台でお世話になった保坂萌氏は、劇作のみならずカメラマンとしてもご活躍で。
ここ最近「保坂さんに撮ってもらいました」とSNSでちらほら見かける、宣材写真や舞台写真がなかなかいい感じだったので、今度撮るときは保坂氏にお願いしよう、と思っていたのです。


「サラリーマン」「シュッとしたカジュアル」「休日のお父さん」「ラフなかんじ」の4パターンを撮ってもらいました。
同じ被写体でも、照明の当て方でこんなに印象変わるもんだね、と驚く。
シュッとしたカジュアル、黒シャツ着ると
「なんだろ、恵比寿あたりの鶏白湯ラーメンの店にいそう」
「あー、しっとりした鶏ハムが乗ってるとこだ」
「糸とうがらしとか飾ったりしてな」
という店主が見えました。


あと、前にネットの記事で読んだ「WEB業界人はなぜインタビューでろくろを回すような恰好をしているのか」というのをふと思い出して、なんとなくろくろを回すポーズをしてみたら可笑しくなってしまったのですが。
「笑ってんじゃないよ!」
「カメラの向こうの対談相手を見すえるんだよ!」
と怒られた。


と、まぁ和気あいあいとした感じでさくさくと撮影は終了し、ひと休みしてるうちにもうデータが送られてきました。
仕事が早いなぁ。

なかなかいい写真がたくさんで、選ぶのに困っちゃうくらい。
ポテンシャル以上のものが引き出されてるんじゃないか。
やるなぁ、保坂氏。

「山ちゃん、おれも撮ってもらいたいんだけど......」という方、いつでもご紹介しますよ。


つい先日、とある映画監督の方とお話したときに、書類選考のときのプロフィール写真にはこだわったほうがいいという話を聞きまして。
そういえばBUDOKANにときどき来てくれるカメラマンのお客さんも同じことおっしゃってたな。

よく切れる包丁を手に入れたきぶん。
ずっと同じ包丁使ってると、切れなくなってくるもの。


これでバリバリ仕事を獲ってくるぞ。
ワッシャー!!



もちの詰め合わせ

日曜日。


役者仲間であり、呑もうぜグループの先輩バーテンダーでもある仗桐安アニキのトークショー企画に参加してきました。


mochi.JPGシアター・ミラクルそこそこ緊急穴埋め企画
もちベーショントーク40回突破記念

もちベーショントークショーVOL.1
「もちの詰め合わせ」

【INTRODUCTION】
もちはやわらかく、もちベーションは高く! 
突発的に生まれた謎のトーク企画。 役者と役者と、あと、役者じゃない人も交えて、根掘り葉掘りの赤裸々ぶっちゃけ本音トークショーを開催!
20数名の登壇者は何を語るのか?それは会場にてお確かめください...!


IMG_2964.JPGIMG_2961.JPG過去に仗さんの対談企画にトークゲストとして参加した人たちが、それぞれのエピソードトークをするというこのイベントに、総勢29名が集まりました。
昼の部/夜の部に分かれて、わたくしは夜の部に。
昼の部はドリンクバーのカウンターのなかから観てました。

基本的に俳優・女優が中心ですが、そのほかに舞台美術家・イラストレーター・映像監督・お笑い芸人など。なんともまァこれだけカラフルな人たちが集まったものだねと、みんなが並んだ絵づらのトゥーマッチ感にあらためて笑いました。

イベントのまえに、仗さんから「初恋のエピソード」「中学生の自分に何か忠告できるとしたら、何を伝える?」「ゾッとした話」など、いろいろな質問に対して答えるアンケートが登壇者に配られていて、その答えのなかからMCの仗さんが舞台上で話題を振る、という。


わたくしは、「最近テンションがあがったこと」ということで。

twitter170521.jpg

先日、昼間に仕事をしながらTOKYO FMを流して聞いていたら、母の日特集ということで「お母さんミュージシャン」の曲をかけていまして。
『安室奈美恵さんのお子さん、来年でもう20歳になるということです』
と、曲と曲の合間にDJが話していたことにまずビックリしたのですが。
そのあとTwitterでその内容を軽いきもちでつぶやいたら、拡散に拡散を重ねて、あれよあれよという間に7500リツイート/4000いいねを超えるという、ちょっと信じがたい状況に(5/21現在)。

一時、Twitterの通知が止まらなくてマジでビビりました。安室ちゃん、スゲエなと。

そして、それだけリアクションがあったにもかかわらず、増えたフォロワーは2人だけ、というのがなんともシビれますね。

......と、そんな話をしてみました。

ほかにもいろいろ話したいこともあったのですが、最近のホットなトピックスとしてはこれかなぁ、と。


ほかの人のエピソードトークもまぁキレッキレでしたね。
昼の部は「ゾッとした話」や「家族の珍エピソード」などを話す人が多かったのですが、夜の部は「お酒で失敗した話」がやけに多かったです。特に下ネタ多めで、夜っぽい回でした。
撮影の仕事帰りに渋滞に巻き込まれ、到着が遅れた芦原くんa.k.a.アシケンが、来るなり話した「初体験のエピソード」が、個人的には大変おもしろかったです。

エピソードトークをひとり1つずつ話したあとは、登壇者たちがお悩みに答えるコーナーと、「男女間の友情は成り立つかどうか」という問題に対して肯定派/否定派に分かれてディスカッションをする、というコーナー。
たいへんユルユルーッとした感じでした。


IMG_2963.JPG終演後は劇場で、昼の部・夜の部入り交じり、缶チューハイとスナック菓子で打ち上げを。
そのときに、みんなが事前に渡したアンケートを集めた仗さんのファイルを見ながら、「ちょっとこれ、どういうこと?」とエピソードを語ってもらう「延長戦」が大変おもしろかった。
さすがにこれはお客さんの前では話せないな......と自粛した、エグい話が出るわ出るわ。
このファイル1冊でもう3ステージずつくらいいけるんじゃないか、と。

終わってみたら仗さんもホクホク顔で「これ、もうほんと氷山の一角すぎるので、またやりましょう」と、はじめての試みに満足気味だったので、たぶんまたいずれ開催すると思います。
1回に登壇する人数をもう少ししぼって、エピソードを2回しくらいしたいねと、次回に向けての反省と展望を。

フリートークはなかなかむずかしいなと、振り返ってみて思うところもいろいろあったけど、トータルでたいへん楽しいイベントでした。

呼んでいただけて大変うれしかったです。

登壇者のみなさま、MCの仗さん&皮墓村さん、そしてご来場いただいたお客様、どうもありがとうございました。

また機会があればぜひおしゃべりさせてくださいませ。

 


前に戻る 1  2  3